6000系

6000系第1編成6101F
6000系第1編成6101F

 椎名鉄道初の狭軌路線となった明成線で活躍する車両です。1000-4000系のアルミ/チタン複合フレーム+FRP外板構造ボディを受け継ぎながらも車両規格を一新し、軌間1067mmに最適化されています。

主要諸元

編成    :10両
営業最高速度:110km/h
設計最高速度:120km/h
起動加速度 :3.8km/h/s
減速度   :4.3km/h/s(常用最大)
       5.2km/h/s(非常)
全長    :20000mm
全幅    :2800mm
全高    :3988mm
質量    :35.0t(クモハ)
       32.0t(モハ)
       20.0t(サハ)
軌間    :1067mm
電気方式  :直流1500V
主電動機  :直流複巻電動機(6132Fのみ三相誘導電動機)
歯車比   :6.20
制御装置  :電機子チョッパ(6132FのみVVVFインバーター)
制動方式  :ベンチレーテッド・ディスクブレーキ
製造メーカー:椎名車両製作所(旧ART TECH CREATE)